日医標準レセプトソフトJRCE‐ORCA

トップページ > 製品紹介 > Future Clinic21 ワープ

Future Clinic21 ワープ

ペンを用いたアイコン操作と手書きの簡単操作で利用できる電子カルテサービスです。
紙カルテの使いやすさと電子カルテの効率性を両立し、直感的な操作性が魅力です。
先生方の日々の診療を強力にサポートします。
また、電子カルテデータは、データセンターと院内のデータ保存装置の両方に保存されますので、
災害時などにおける危機管理も万全です。

システム構成例

導入ネットワークイメージ

特徴

手書き入力やペンタッチによる簡単・シンプルな操作
堅牢なデータセンターで運用する、安全安心なサービス
臨床結果が一目でわかるタイムライン機能
外部システム連携など豊富な診療支援機能
常に最新のアプリケーションソフトをネットワーク経由で提供
ネットワーク障害や機器故障の場合でもオフライン機能でカルテ編集可能

小児科様での操作例

整形外科様での操作例

機能一覧

  • ORCA連携
  • 受付・患者一覧表示
  • 付箋機能
  • 過去カルテ参照編集機能
  • タイムライン機能
  • 手書き入力機能
  • スタンプ機能
  • 画像取込機能
  • 家族検索機能
  • 成長曲線
  • 検査結果データファイル取込機能
  • 検査結果時系列表示
  • パレット入力・カスタマイズ機能
  • スーパーセット
  • 用法用量自動表示機能
  • 文書作成機能
  • 往診機能
  • 汎用データ出力機能
  • 二重データバックアップ機能
  • 外部システム連携