日医標準レセプトソフトJRCE‐ORCA

トップページ  >  ORCAとは

ORCA(オルカ)とは

日医標準レセプトソフト「ORCA(オルカ)」は、日本医師会が提供する
日本の医療現場のためのレセプトコンピュータ(以下レセコン)です。
医療機関様の支持を得て着実に普及し、レセコン市場で国内第3位のシェアとなっています。

日医標準レセプトソフト(ORCA)は・・・

日本医師会が提供する、日本の医療現場のためのレセコンです!

「ORCA(オルカ)」は現在約15,400件の医療機関様で利用され、電子レセプト時代の標準システムに成長してきました。
また、医療現場の皆様からの要望を積極的に取り入れ、ソフトウェアのバージョンアップに反映しています。
まさに、現場の声を元に常に進化し続けるレセコンです。

ORCA
こんな医療機関様におすすめします
  • ・新規開業、リース切れ等で新しいレセコンの導入をご検討中の医療機関様
  • ・メーカー主導のレセコンの現況に不満を感じている医療機関様
  • ・日本医師会の医療現場IT化への理念にご賛同いただける医療機関様
  • ・事務の効率化を目指すコスト志向の医療機関様

日医標準レセプトソフト(ORCA)の特長

いつでも最新の状態で!!

インターネットを通じて、最新のプログラムや薬剤などの最新マスタを入手してご使用いただけます。
画面上のボタンをクリックするだけの簡単な操作で自動的にマスタデータに反映されるため、常に最新の状態を維持することができます。
診療報酬改定のプログラムもボタンをクリックするだけなので、別途費用はかかりません。

ORCA

導入・更新コストを軽減!

メーカー製のようにレセコンごと買い換える必要はありません。
ハード(機器)が古くなれば、そのハード(機器)を入れ替えるだけです。
そのため、更新コストを軽減できます。
また、QRコード付き処方せん・労災や自賠責レセプト対応・レセプトチェック機能なども標準機能として実装されているため、別途オプション費用がかかりません。

ORCA

導入は思いのほか簡単!

現在ご使用中のレセコンから患者基本情報・病名情報のデータ移行ができます。
また、今の入力時に使用しているコードと合わせて、ORCAで入力用コードを設定することができますので、新たにコードを覚える必要はありません。
数字入力・ローマ字入力等、レセコンを入力する方に合わせて設定できます。
よく行う診療行為や投薬・検査などもセット登録しておくことで、まとめて入力できるので事務効率もUPします。
運用にあたっては、日医IT認定インストラクターが操作説明を行い、スムーズな業務運用をサポートします。
※メーカーによりデータ移行できない場合もございます。詳しくはお問い合わせください。



今のレセコンからのデータ移行は?
現在使用中のレセコンから、基本情報・病名情報の移行が可能です。
※メーカーにより移行ができない場合もございます。詳しくはお問い合わせください。
診療の内容は移行できないの?
電子レセプト(レセ電データ)を元に、移行することが可能です。Do入力するためのデータが作成できます。
操作が難しいのでは?
診療行為等の入力用コードは、今お使いのレセコンのコードと合わせることができますので、新たに覚える必要はございません。日医IT認定インストラクターがスムーズな業務運用をサポートします。
練習は何回くらい必要ですか?
2回程度の操作説明で、十分に使えるくらい簡単です。ご要望に応じて、追加説明も致します。 また、コールサポートがありますので分からない時にはすぐに質問できます。

JRCEは選べる2つのORCA

  • ORCAPROJECT
    院内サーバ版 ORCA

    院内にサーバを設置します。外部バックアップも標準仕様です。
    お客様のPC環境にあわせたシステム構成でご提案します。

  • ORCACLOUD
    クラウド版 ORCA

    ORCAをクラウド化し、さらに安全性・利便性が進化しました。
    様々なOSでご利用できます。